維新断罪

取り戻せ! 命と暮らしと商売を。
維新断罪
中小企業社長が喝破する、
大阪の沈みゆく理由と再生私論

『報道1930』で橋下徹氏とバトルして有名になった日本城タクシーの坂本社長直撃インタビュー!
統一地方選挙、大阪カジノ問題、堺市長選挙などが続く中、維新政治の問題を真正面から批判しつつ、大阪再生のヒントを提示します。

試し読み

著者 坂本 篤紀
価格 1,320円(本体1,200円+税)
判型 新書判
頁数 152ページ
ISBN 978-4-88416-293-1
発行 2023年3月1日
   株式会社せせらぎ出版
   コミュニティ・パブリッシング事業部


本書の概要

「普通に考えたら、おかしいやろ」
「早く現実に気づかなあかん」
「働く人の給料をあげたらええだけやん」
本書で坂本社長は庶民目線で読者の皆さんに呼びかけます。
維新政治を選ぶのも、NOを突きつけるのも、最終的には皆さん一人ひとりです。
本書がいまの大阪の政治や行政を一緒に考え、見直す一助になれば幸いです。
(はじめにより)

第1章 大阪が新型コロナの死亡率でワーストワンになった理由
第2章 大阪IR・カジノが実現すれば地盤は沈む。
大阪の夢も希望も沈んでいく
第3章 クリエイティブ・クラス論は、庶民を本当にしあわせにするのか?
第4章 どこに消えたのか?消費税は社会保障の財源になっていない
第5章 大阪を、そして日本を立て直す手立てはどこにあるのか?

著者 坂本 篤紀(さかもとあつのり)

1965年生。理学療法士としての勤務や自動車関連の事業を自営したのち、1987年に日本城タクシー株式会社に就職。2013年に同社の代表取締役に就任。
コロナ禍で業績不振になったときには、自社所有の観光バスを3台売却して社員の雇用を守ったことで話題となった。グループ全社で約220名のトップを務めながら、現場感覚を忘れないために、現在もタクシーに乗務している。
これまでに『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)、『報道1930』(TBS)、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)などに多数TV出演。『報道1930』では生放送で橋下徹氏と議論が盛り上がり、注目を集めた。本書は初の著書となる。

こちらもおすすめ